運転免許の取得方法

運転免許を取得するには、公認自動車教習所や自動車学校に通い、技能試験を受け、卒業証明書を交付してもらい、運転免許試験場(免許センター)にて視力などの適性検査と学科試験に合格する方法と、教習所には通わず直接運転免許試験場で適性検査、仮免許試験、本免許試験、学科試験を受け合格し取得する方法があります。初めて免許を取得する人の95%は教習所や自動車学校を卒業して得た方法によるもので、直接運転免許試験場で取得する人は少なくなっています。

直接運転免許試験場で取得する方法では金銭的にとても安上がりですが、学科試験に合格するための知識や運転技術をどのようにして身につけるかが難しい点となり、実際には初めて免許を取得する人よりも、過去に免許証を保有していた人が再度取得する場合に利用されています。教習所に通い免許を取得する方法は、金銭的には多少かかり免許取得までの時間が必要となりますが、運転技術と交通の知識が学べ、卒業すると運転免許試験場での技能試験が免除されます。何より教習所のよいところは、免許取得が可能なレベルまで段階を踏んで学ぶことができ、技能の未熟さと学科試験の対策に対応し、運転免許が取得しやすいところにあります。

教習所に通い免許を取得する方法には、通学と合宿の2通りがあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。当サイトでは自動車教習所への通学と合宿免許との違い、合宿免許の魅力について紹介しています。